労働法の基本とその教科書

労働法とは

皆さんは、労働法をご存知ですか?
法律に興味がない方、又、別に詳しくなりたいとは思っていない方であっても、仕事をしていく上で、労働法は知っておいて損は御座いません。
この労働法という呼び方ですが、実際に「労働法」という名称の法律があるわけでは御座いません。
実際は、労働関係法令をまとめて呼ぶときの総称です。

 

其れから、労働関係の法令には、皆さんが良くご存知の労働基準法を始め、労働者派遣法や、男女雇用機会均等法、其れから、育児、介護休業法があります。
それからね、職安法や労組法も労働法のなかの一つです。
労働法のなかでも、皆さんがよく知っている、労働基準法は、休暇や賃金等について定められているので、働く人にとっても一番、身近な法律だと言えるでしょうね。

 

これらの法律の元となりますものには、民法の雇用契約に関係する定めもある。
元は、日本国憲法の基本的人権の保障にまで、さかのぼって定められているものであり、労働関係の法律はとても奥が深いのです。
基本的な事ではありますが、これらの法令は、「労働者を守るため」に存在しています。
そして、労働者を雇う側においても、法令を上手く活用する事ができれば、健全な職場を作る事も可能です。
職場が健全ですと、労働者もじゅうぶんに力を発揮して働けるわけですので、結果的には会社の収入に繋がると言うものだ。
ですので、労働法は、労働者の為の法律でありながら、雇用者側にも利用価値が高いものだと言えますね。