太陽光発電

「太陽光発電」とは?

「太陽光発電」は、太陽電池を屋根に取り付けて、太陽の光によって電気を創り出します。創られた電気は家庭で実際に使用する事が出来ます。電気が使い切れないで余ってしまっても、電力会社が電気を買い取ってくれます。しかも、災害等で停電になった場合でも、晴れていれば電気を使用する事が出来ます。太陽光発電は、環境に凄く優しく、かつ経済的にも嬉しいクリーンなシステムなのです。

 

地球温暖化が進みつつありますが、その原因となっているのが、二酸化炭素等の“温室効果ガス”だとかんがえられます。地球の平均気温は、今世紀末までに、最大でなんと6.4℃も上昇すると言われています。

 

「地球温暖化防止京都会議」では、2008年〜2012年に日本では「温室効果ガス6%削減」と言う目標を決定したんです。その対策の1つが「太陽光発電」なのです。太陽光発電は、二酸化炭素や排気ガスを排出せず、騒音も御座いません。

 

太陽光発電の仕組みを説明します。太陽の光から「太陽電池モジュール」で電気を作って、太陽電池によって発電した電気を、接続箱と「パワーコンディショナ」で集め、家庭で使える電力に変換します。其れから、「分電盤」を通って電気を家中に送ります。「買電メーター」と「売電メーター」でその区別を何もいたしませんでもおこないます。

 

発電効果は晴れた日中が比較的大きくなり、売電量も其れだけ大きくなりますが、曇りの場合は其れほど発電出来ないので、不足した分は電力会社から買う事になります。其れとは別に、真夏の晴天の日には、冷房等を生かすする事が多くなり、電力生かすが1年で比較的増加します。その為に、太陽光発電を設置する事で、電力供給が切迫する時期に、光熱費を抑える事が出来ます。


今のニュース 5月27日 03:04
首相 経済はリーマン前の状況
襲撃の男 電話かけたので刺す


  • SEOブログパーツ