会社設立

会社設立とは

今の時代、会社設立に関して法律が変わった為に資本金が1円でも会社設立ができる様に変わってしまいました。
こうなると簡単に会社を作ってしまおうなんておもう方も出て来るとおもうのですが、結論として税金面等、後でお金が必要になる事も出て来るので安易に会社設立をしない方が良いとおもうのです。先ずは個人事業主として実業をしていき、上手くいきそうであれば会社設立と言う形にした方が良いとおもいます。

 

また会社の「信用」と言う面からかんがえてみても、資本金が1円となると確かに大丈夫かな、と不安を与えてしまう事にもなりかねません。
会社設立をする際には、設立後にかかるお金や運転資金、税金の事等をかんがえてからの方が良いとおもいますよ。ちょっぴり前までは、株式会社を創る為には資本金が1000万円、有限会社を創る際にも資本金が300万円とある程度のお金が必要で其れが信用にも繋がっていました。

 

しかし今現在では有限会社と言う会社が姿を消し、資本金も1円からと言う事で株式会社を立ち上げちゃう人が結構多くなってきたので御座います。
勿論、他の法人方式で会社設立をする方もいますが、一般的にみて比較的多いのはこうした形の会社設立でしよう。会社設立をした際の税金としては、通常の個人的税金の他にも、法人税が取られる事になってしまいますので、覚えておかなければ後でビックリする事にもなりかねませんよ。
今後の会社設立は設立して信用は得られたとしても運営資金において難が出て来る可能性も否定出来ないのです。


今のニュース 12月6日 12:03
カジノ法案 午後にも衆院通過
不明の2歳女児を保護 大分


  • SEOブログパーツ