父親の借金4,000万円を返すために、飛田新地で必死に働いた話

私は、小さい頃に母を亡くし、父子家庭で育ちました。その後、地元の商業高校を出て、父の知り合いのおじさんの経営する小さな会社で事務員として働いていました。

それでも実家で父と暮らしていたため、もらっているお給料で十分やっていくことができ、慎ましやかではあったのですが、そこそこ生活には満足していました。

そんな折、ちょうど社会人になって3年が経過しようとしていた頃でしょうか。
突然最愛の父が急死してしまったのです。

私は突然の訃報で、悲しみに打ちひしがれていたのですが、事態はそれだけでは済みませんでした。しばらくすると、うちに見知らぬ人が訪ねてきて、父親の借用書なるものを見せつけられました。

金額にしておおよそ3500万円弱と利息を合わせて約4000万円の借金となっていました。そして、あろうことか、連帯保証人の名前に私の名前が書いてありました。

正直、私は自分でサインした記憶はなかったのですが、きっと父が勝手に私の名前を使ったのだと思います。でも、父を責めるような気持ちにはとてもなれなかったので、私は連帯保証人として債務を引き受ける覚悟をしました。

まさに青天の霹靂ではあったものの、何としてでも借金返済のために、がんばらなければならないとの思いを強くしました。住んでいたマンションを売却して返済に充てたら、借金の残額はちょうど2500万円程度になりました。

事情を説明すると、勤め先の社長は、同情してくれはしたものの、やはりそんなまとまった金額を支援することはできないし、もっと割の良い仕事(うちの近くでは飛田新地が有名だったので誰でもちょんの間といえば飛田新地を連想します)をするべきかもしれないと助言してくれました。

大阪では、梅田の兎我野町や堂山町の風俗アルバイトが有名ですが、何かと怪しいお店も多いのです。大阪梅田の風俗求人を詳しく解説しているサイトが参考になります。

参考になる梅田風俗求人サイト:梅田高収入コンシェルジュ|梅田の風俗アルバイト・求人情報をお探しの方へ

梅田で風俗のアルバイトを初めて良かったのですが、ウン千万円の借金を返すには、飛田新地で働くしか選択肢がありませんでした。

しばらくの間は、社長の家族の住む家に間借りさせてもらえることになったので、とりあえず、藁にもすがる思いから、飛田新地で働くことを決意したのでした。

最初は緊張した飛田新地での仕事!習うより慣れろの精神でOKでした

今まで風俗で働く女性をどちらかと言えば嫌悪していた私が、なんと気づけば飛田新地で働くことになっていました。

メイン通り、青春通り、姉系通り(通称妖怪通り)と3つのメインストリートのうち、ありがたいことにメイン通りにある一軒の料亭で働くことになりました。

最初は戸惑うことが多くて、やり手ババアが「お兄さん、入ったばかりの新人のべっぴんがいるよ」と道行く男の人に声をかけるのも、ちょっと気恥ずかしい気持ちになったものです。

とはいえ、稼げたことも事実です。
基本15分くらいのショートから長い人はもっとお金を払ってくれました。

たまたま料亭で知り合った男女が恋仲になって抜き差しならない関係になるといったシチュエーションもあってか、お客さんもとても優しくて、同情してくれるような方が多かったように思います。

そういった救いも手伝ってか、私はそのまま飛田新地でちょっとずつ実力と人気を確立していくことができました。

ひっきりなしにお客さんが来てくれるようになると、お茶を挽く必要もなく、自分の体力の限り、稼ぐことが可能となっていました。

正直飛田新地で働いてから、MAXで月収が200万円近くまであったこともあります。

結局、飛田新地でのお仕事を続けていると、お金を使う時間もなかったので、借金の返済金は滞りなく減らしていくことができました。

もともと自分自身も無駄遣いなどもしませんでしたし、特別浪費家でも贅沢病でもなかったので、借金を全部完済してしまったあとも、驚くほどのスピードで貯金が増えていきました。

このまま28歳頃まで飛田新地で働いて、その後はスパッと引退して、貯めたお金を使って、自宅を買い、何か商売をしたいなと考えています。
スナックやラウンジでもいいし、立ち飲み屋さんや居酒屋さんもいいかもしれないと思っています。

確かに風俗の仕事は向き不向きがありますが、稼げることに間違いありません。
自分の容姿や持てる限りの才能を発揮して、お客さんに尽くして、そのお給金をいただく、こうして子どもを育てるお母さんだっています。

職業に貴賤は関係ありません。少なくとも私はそう思っています。
飛田新地で働いていることは、私のアイデンティティでもあり、プロとしての誇りでもあります。

稼ぎたい、稼がなければならない、どんな事情があっても、頑張る人は報われる世界ですよ!