男性の体験談

尼崎の裏風俗、かんなみ新地で浴衣美女と長短時間ながら満足エッチ

男に生まれたからには一度でいいから飛田新地の夜を体験すべし!

今年の夏も暑くて死にそうでしたが、そんな夏真っ盛りだったある日の夜、兵庫県尼崎市にあるかんなみ新地に行ってまいりました。

かんなみ新地は飛田新地などと同じ裏風俗ですが、あちらのように外国人がうろついているなど観光地化していません。

また、飛田新地や松島新地のように広いエリアにお店があるわけでもありません。非常に狭いエリアに密集しており、一周5分もかかりません。

 風俗店の多くは店先に看板があります。それは飛田新地や松島新地でも同じことですが、ここには看板も表札もありません。

店の位置関係や遣り手の顔を覚えるぐらいしか店を特定する方法がありません。店舗名を聞かれてもかんなみ新地では答えようがないのです。

  • 店舗名:名前なんてあるのか!?
  • プレイ時間:20分
  • 費用:10,000円

 最寄り駅は阪神の出屋敷駅です。出屋敷駅から北へ歩くと小学校の横を通ります。小学校を超えるぐらいのところで交番のある交差点があり、その次の交差点を右に曲がりまっすぐ歩くとかんなみ新地です。

交差点までくれば、女の子たちを物色する男たちのシルエットなどが見えるのですぐにわかります。

 プレイスタイルは(ゴム)フェラ+合体で、20分で射精までいき、終わりとなるシンプルなものです。

浴衣美女から受けた最高の風俗サービス

この日も非常に暑かったのですが、職場の同僚と一杯飲んで別れてから、一人でフラ~っと行きました。この一杯やってからというのが非常にラッキーでした。

この日も、まず一周ぐるっと回ってどんな子がいるか確認します。気になる子が何人かいたらその子たちを中心に2回目を回りました。その中で、この日の相手に選んだのが、浴衣を着た美女でした。

遣り手に浴衣美女を指名する旨を伝え、入店しました。階段で靴を脱ぐ際に、お金を渡し3階へ移動しました。かんなみ新地の階段は急なことで有名ですが、2階から3階への階段は特に急で、退店時は特に怖かったです(笑)。
 部屋はかんなみ新地標準の非常に狭いヤリ部屋です。敷布団だけでいっぱいになっています。ここはまだしっかりした扉が付いていますが、中には蛇腹の音漏れし放題の場所もあります。

 部屋に着くも、ゆっくり彼女の浴衣姿を見る時間はありません。(笑)お互い脱ぎ脱ぎして、プレイに入ります。なんでも、今日初めてのお客ということだそうで、それを聞いたときは興奮しました。

同僚と少し飲んで正解でした。寝床に仰向けに寝転ぶと、彼女がウェットティッシュでおちんちんと体を拭いてくれました。

そして、彼女は覆い被さって乳首を舐めつつ、美女の手がおちんちんをしこしこしごいてくれました。半立ちになったところで、コンドームを装着しフェラ、カチカチになったところで、「もう、入れる?」と聞かれたので、正常位で挿入しました。

 彼女のおっぱいは適度な大きさがあり、乳首や乳輪も綺麗な色と適度な大きさの理想的なおっぱいでした。本当はおっぱいを吸いたかったけど、NGでした。

正常位で必死になって腰を振りました。こんな美女と合体できているという喜びと、少ない時間を精一杯楽しみたいという思いでいっぱいでした。

激しく突いたり、逆にゆっくり突いたり、彼女の反応を見つつ味わいました。最後はしっかりコンドームの中に白い液体を放出できました。コンドームで覆われていない、陰嚢や陰毛には彼女の愛液がべっとりと付着していました。

結構いっぱい出たので、彼女もいっぱい出たねと言ってくれました。大満足の結果でした。

 風俗からの帰り道、内容があれだと、なんで今日風俗に行くという判断を下したのかと自己嫌悪に陥りますが、この日は、意気揚々と尼崎駅まで歩いて帰りました。

 尼崎も悪くありませんが、やはり梅田の風俗店も捨てがたいと思いました。なぜならアチラは尼崎より給料が良いので、必然的に女の子の質も上がるのです。良い風俗店を引き当てるには、優良風俗求人情報を確認するのが一番です。

大阪の優良アルバイト情報:梅田の風俗求人

女の子の待遇が手厚いお店は、女の子のレベルも高いですからね!

男に生まれたからには一度でいいから飛田新地の夜を体験すべし!

男に生まれたからには一度でいいから飛田新地の夜を体験すべし!

今日は僕が飛田新地へ行って楽しんで来た事を書いていきたいと思います。

そんな僕は旅行という旅行に中々行けるような職業ではありません。(自営業・フリーランス)ところが、何とか予算と時間を確保できた時がありました。

そんな時に、友人から「大阪にでも行ってみたら?結構楽しいものだよ」と言われました。

僕もちょうど大阪に行きたいと思っていたところだったのです。

大阪といえば、新地ですね。ただ「飛田新地」と「松島新地」の、どちらに行けば良いのか分かりませんでした。

風俗の口コミ情報はステマだらけなので「松島新地の求人・アルバイト情報サイト」を参考にしました。女性目線で仕事内容等がわかりやすく解説されているので、僕のような素人にも十分参考になりました。

その結果、求人情報がイケてる飛田新地にいくことにしました。やっぱり、求人やアルバイトの待遇が手厚いほうが、女性のレベルが高いと思ったからです。

ここの新地は1916年頃にできて、今日まで大阪の風俗街として栄えております。

「ちょんの間」といわれる風俗店があり、佇まいは遊郭らしく和風テイストな感じです。

僕がこの新地に遊びに行ったのは夜の20時でした。結構、人通りも多かったです。(青春通りという通りですね。)

何気なく歩いていると、少し年配のおばちゃんから手招きをされました。「お兄さん遊んでいきませんか?」という事でした。

僕は「はい?初めてなものでわかりません」と切り返すと、その年配の女性は「もちろん私と遊ぶわけじゃありませんよ。(笑)この女の子の相手をしてやってくれませんか?」というのです。

そこにいた女の子は、「じょ、女優か?」・「モデルさん?」というような美人さんでした。(これは本当にビックリしました。一般人には見えませんでした。)

僕が思わず「え?こ、こんな美人さんとですか?」というと、おばちゃんと美人さんは笑っておりました。

僕も男なのでここで引き下がる訳にはいかないという事で、僕から「では料金の方は?」というと、「初めてっていうからサービスします。」という事で、1時間で3万5000円でした。

普通は1時間で4~5万円らしいです。因みにですが、ここの新地のちょんの間のお店のホームページというものは存在しないそうです。

(手招きをしてくれたおばちゃんから聞き出しました。)

飛田新地の最高な美女との一夜の思い出

僕は飛田新地に行くときは必ず「お風呂に入るかシャワーを浴びてからいったほうがいいよ」という事を友人から聞いておりました。

ちょんの間には、お風呂やらシャワーは設置されていないのです。

この時はもちろん、ホテルでシャワーを念入りに浴びていきました。そして、絶世の美女に手を引かれてちょんの間の2階にある部屋に行きました。

部屋に入って3分~5分くらいは世間話をしたりバカ話をしたりして、僕を楽しませてくれました。

やはりこのような仕事をしている女性だけあって、人当たりがとても良くてお話もとても上手でした。

そんなこんなでボチボチやりましょうか!ということで、お互いの服を脱がせ始めました。

ここでコンドームの装着を要求されました。もちろんですが、この要求には応えました。お互いに病気等が怖いので・・・皆さんもコンドームは装着してくださいね。

コンドームを装着して僕のアレが勃起しておりました。その勃起しているものを、じっくりと見つめてゴムフェラをしてくれました。

裏筋から玉まで・・・本当にゆっくりゆっくり丁寧すぎるフェラで、気持ちよかったです。

僕が「キスしていい?」と聞くと、「お客さんかっこいいからいいよ!」という返答が!

僕から思い切りディープキスを仕掛けました。ディープキスは10分くらいしていたと思います。

その後は、お互いを愛おしく求めあいました。

やはり正常位でのプレイは最高に気持ちいいですし、気持ちがとても伝わりますね。女の子は背面騎乗位が好きらしく、「下から突いてもらっていい?」という事だったので、僕は下から突きあげました。

僕もかなり気持ちよかったですし、女の子なんかは「最高に気持ちいい!」としか言いませんでした。

最後は正常位で胸に向けて発射しました。

女の子は「お客さんかなり溜まってましたね。(笑)」と笑顔で言われました。量が凄かったとのことでした。

お互いに身支度を整えて部屋を去ろうとすると、「あっ!ちょっと待って!」と言われて振り返ると、飴玉を貰いました。

そして、軽くキスをしてから連絡先を渡されました。

この美女とはたまに今でもプライベートでやり取りがありますし、会ったりしてお茶等をする仲になりました。