借金まみれで飛田新地へ…。投資や仮想通過に失敗した女の末路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
借金まみれで飛田新地へ…。投資や仮想通過に失敗した女の末路

私が飛田新地で働くことになったのは、無計画にお金を使いまくってしまったことがきっかけです。正直いえば、なんとも情けない思いがこみあげてきます。私が湯水のごとくにお金を使うようになったのは、株式投資と仮想通貨にハマってしまったことがきっかけです。

気がついた頃には300万円近くにものぼる借金をするまでになってしまったのです。

株式投資は元々好きで行っていましたが、今回調子に乗って信用取引にまで手を出してしまったことが、悪夢の始まりです。信用取引とはレバレッジを利かして行う取引であり、負けた時の損失額は半端なものではありません。

これが、飛田新地で勤務することになってしまった元凶といえるのではないでしょうか。株式投資の信用取引での大敗もさることながら、仮想通貨の失敗も私にとっての大きなダメージとなりました。

ビットコインとイーサリアム、モナコインと購入した全てのコインが予想と反対の動きをしたことで、大きな借金を抱え込んだのです。正直、飛田新地で働くことには抵抗感を覚えていました。できることならば、生涯の中でも飛田新地の仕事にお世話になるつもりはありませんでした。しかしながら、人生とは自分の思い通りには行かないということを改めて理解することになってしまったのです。

300万円の返済をすることは、並大抵の覚悟でできることではありません。

具体的には大手クレジットカード会社の2社からそれぞれ100万円ずつと消費者金融から50万円ずつ2社に借りたといった具合です。返済額はマックスで9万円近くにまでのぼったため、もうこれは飛田新地で働くしかないという思いがこみあげてきました。そして、早速、面接を受けて入社が決まりました。もうやるしかないという気持ちになった私は、借金返済に向けて気合いを入れて働きました。

輝ける場所の飛田新地!実は天職だった

働く前の飛田新地のイメージは私にとっても決してポジティブなものではありませんでした。人生の敗北感や挫折感が大勢を占めていました。

しかしながら、実際に勤務してみると意外にも自分にマッチしている仕事だと確信することに。飛田新地での仕事をスタートさせた時には、昼間も会社員として勤務していました。大手機械メーカーで事務の仕事をしていました。

自分でいうのもなんですが、上司からの信頼も厚く、楽しく勤務していたのです。問題は驚くほどに給料が安いことです。残業しても20万円にははるかに届かない金額のため、うんざりしていました。ブラック企業ではないと思いたいですが、とても満足できるような待遇ではありませんでした。飛田新地で働く方が効率良く稼ぐことができますので、いつしか会社員の仕事が馬鹿らしいと思ってしまったのも事実です。

本番行為ももちろん、バリバリにこなしますが、慣れることで、さほどの抵抗感はなくなるものです。いつしかライフワークとも思えるようになってきました。なんといっても魅力は、一晩で10万円以上を稼ぐことも珍しくないことです。

会社員の給料とは雲泥の差といっても良いのではないでしょうか。私はとうとう、昼間の仕事をやめ、飛田新地のみで生計を立てることになります。そしていつしか、300万円もあった借金がなくなり、貯金までできるようになりました。

実は、飛田新地で勤務していることを知っているのは、ごく一部の友人のみです。あまりに多くのお金を稼ぐようになったことで、親にもちょくちょくプレゼントをしたりしています。

以前の私の収入では絶対に無理なため、親も大喜びです。

ここまで自分が成長できたのも飛田新地のおかげです。今では、店のナンバーワンとして活躍させてもらっています。当面はやめるつもりはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

*